監視カメラで取り戻す暮らし|不安な毎日にサヨナラ

自宅

依頼の際に伝えておくこと

カメラ

世の中には様々な種類の鍵がありますが、業者でも開けるのが難しいケースも珍しくないでしょう。依頼する際に鍵の形状を伝えておくことで、それを得意とするベテランが対応してくれるかもしれません。

女性の従業員

セキュリティカメラ

女性の従業員だと安心できます

女性の方が鍵屋を呼ぶ際には女性の従業員の方がいる鍵屋を選ぶようにしましょう。鍵屋は男性が多い職業の1つです。緊急の時とは言え鍵を開けてもらう作業を行ってくれるのが男性だった場合には少し不安に思ってしまう女性の方も多いと思います。作業を完了してもらった後に帰ったかなどを気にしてしまうと言う場合も多くあるようです。これでは安心をして作業をしてもらったと言う事は言えなくなってしまいます。女性の方は女性同士であれば安心すると言う事があります。鍵屋の検索をしていると女性の従業員がいるのかいないのかをしっかりと記載している場合があります。その情報を元に電話などをして女性の鍵屋の方に来てもらうと安心できるでしょう。

女性でも不安に思う必要はありません

しかし男性の方が鍵屋に依頼をして女性の方が来ると不安になってしまう事もあるようです。なぜかと言いますと女性の人で大丈夫なのかと言う考えが出てしまう事があるからです。男性従業員の多い鍵屋でいきなり女性が来てしまう事によって、男性の方はビックリしてしまうと言う事になるようです。しかし女性だからと言って不安に思う必要はありません。鍵を開ける作業などは女性でもしっかりと行う事が出来るのです。研修などを行って現場に出て良いと会社から言われている方が来ているので男性の従業員の方と全く能力に差はありません。実際に最初は不安に思っていたけれど鍵を開けてくれるまでにそれほど時間がかからなかったと言う事もあるので、不安に思う必要はありません。また、鍵と同様に求められているのが監視カメラの設置ですが、これも依頼人が女性なら同じ女性の従業員に来てもらう方が安心でしょう。ストーカーを始めとする被害に遭っている女性が監視カメラを設置する傾向があるので、男性を避けても問題はありません。

重要な存在となる鍵

犯人

大切な物を守る方法として、鍵の取り付けが挙げられるでしょう。玄関のドアを始め、自転車などにも欠かせません。鍵がなければ空き巣に入られたり、自転車が盗まれたりしてしまうのです。

今のうちに調べる

警備員

鍵屋は鍵のトラブル時に力となってくれますが、紛失した際の状況によっては鍵屋の連絡先を調べることが出来ない場合もあります。そのため、インターネットなどが使える今のうちから、鍵屋の連絡先を利用しておくとよいでしょう。